レーシックは世界に浸透する新たな世代の治療

猫目の女性

裸眼で生活

レーシックは非常に安全な施術

手を差し出す医者

名古屋の眼科クリニックでは、近頃、当たり前のようにレーシック施術を行っています。この施術は、目の角膜にレーザーを当てることで視力を回復する方法です。目の施術ということで、多くの方が安全性について危惧しています。目を直接手術するので、視力の低下、失明の可能性について心配する人は多いです。このような心配はありますが、名古屋ではレーシックの安全性は100%保証されています。というのも、日本では2000年に厚生省によって、公的に高い安全性が認められているからです。基本的に日本は、医療への安全性に対する基準が非常に厳しいといわれています。そんな日本でも認可されていることから、レーシックは安全といえます。

施術後の注意点とは

名古屋でのレーシック治療後には、目の安全を維持するための注意点があります。それは、女性の方はアイメイクやアイプチを控える事です。そもそも名古屋でレーシックを受けた後は、角膜に傷が付いている状態となります。なので、メイクなどで外から刺激を与えることは良くないです。特にアイプチは、無理やり二重にすることで角膜が引っ張られる可能性があります。そのため、目に負担がかかって視力の低下に繋がります。したがって、レーシック施術後はアイプチやアイメイクは控えるべきです。 施術後に目の角膜の傷が癒えるまでは、1ヶ月ぐらいの時間がかかります。なので、最低でも一月はアイメイクは行えません。もしアイメイクやアイプチを再開したい場合は、必ず事前に医師から許可をもらう事が大事です。