レーシックは世界に浸透する新たな世代の治療

猫目の女性

視力を回復

視力回復方法の変遷について

眼力の強い女性

昔は、低下した視力を回復させるためには、メガネやコンタクトレンズなどの道具を使用するしか方法がありませんでした。でも、メガネは温度差で曇ってしまうことがよくありますし、スポーツをしている最中に怪我の原因になってしまうことも多いです。一方、コンタクトレンズを使用している場合は、温度差で曇ってしまう心配をする必要はありませんが、毎日きちんと手入れをする必要があるのでなかなか面倒です。また、そもそもコンタクトレンズが体質に合わないという人もいます。できれば、メガネなどの道具を使って視力を矯正するのではなく、視力自体を回復させたいと考えるのがごく自然な気持ちです。そのような患者の要望に応えるために誕生したのが、レーシック手術です。日本国内でレーシック手術が行われるようになったのは2000年からですが、名古屋にはレーシック手術が上手いと評判になっている眼科クリニックがあります。

今後の視力矯正方法について

先程、名古屋にはレーシック手術が上手いと評判になっている眼科クリニックがあると書きましたが、名古屋だけに限らず、全国各地にレーシック手術の専門クリニックが次々に開設されるようになってきています。名古屋の場合もそうでしたが、レーシック手術が日本国内で行われるようになった当初は、目にメスを入れる手術だという恐怖感が先に立ってしまい、なかなか治療を受ける人の数が増えませんでした。しかし、実際に手術を受けた人がメガネやコンタクトレンズなしで快適に生活している姿を見て、自分も手術を受けてみたいと考える人が少しずつ増えてきました。レーシック手術を取り扱っている医療機関数が増えてくるにしたがって、手術費用も安くなってきたため、今後はレーシック手術を受けて視力矯正をする人が増えるのではないかと考えられています。